アメリカのサプリが手に入るサプリメント通販

サプリメントを手に入れるなら通販で!様々なサプリメントが売っています。 - アメリカと日本のサプリメントのありかた

アメリカと日本のサプリメントのありかた

サプリメントでは、日本よりもアメリカの方が技術も進んでいますし種類も圧倒的に多いです。
それは、サプリメントに対する国の文化や認識、そしてあり方という物が大きく違うからなんです。
特に、どのような違いがあるのかを紹介していきましょう。

アメリカと日本のサプリの違い

まず、一番大きな違いが法律上でのサプリメントの取扱の違いですね。
日本では、食品などと同じ扱いになっているのですが、アメリカではサプリメントは独立した分類として扱われています。
食品とも薬品とも違う扱いの分類になっているんですね。
なので、サプリメントの制作の基準というのが実は独自の物を持っており日本ほど自由に作ることが出来ないんです。
更に、サプリメントを作る場合は薬品と同じく情報開示をして作らなくてはいけないので、メーカー側で都合の悪い事隠したり表示しないようにするということが出来ないんです。
なので、メリットは勿論ですがデメリットについてもユーザーが欲しい情報をちゃんと得ることが出来るようになっているんですね。
服用方法や効能なども明記していますので、わかりやすいということでも需要が高いわけです。

日本でのサプリメントの表示について

先程も言ったように、アメリカと違って日本でのサプリメントは栄養補助食品とされており、法律上でも食品と同じ扱いになっているんですね。
なので、サプリメントに関しての情報などの明記の義務がないんですね。
だから、このサプリメントはどのような効能がありどのような成分があるかということは主成分だったりすることでもいいですし、ある程度は良いように言い換えることも出来るわけです。
定義する決まりがないからこそ、品質や規格などがメーカー側の裁量にある程度許されていますので、メーカー側としては印象の良い事しか書かなくてもいいので、アメリカほどそう言った厳しさがないため、効果を多少誇張して表示することが出来るなどの点が大きな違いになっているのです。

サプリメントの背景と意識

このような差異は、やはりサプリメントにおける需要が大きな違いですね。
アメリカは、日本よりも医療負担が大きいので病気などを予防するための意識が高いです。
だからこそ、サプリメントの需要も高くそれに伴いサプリメントに関する国側での取り組みも意識が高くなる、ということなんですね。
勿論、日本でもきちんとしたサプリメント制作を行っているところはありますが、アメリカの方が安心できますね。

関連する記事